多くの人が悩む外反母趾の治療について知ろう

病気の詳細

殆どの人がかかっているといわれる外反母趾ですが、治療するほどではないために放置している人も多いです。本当は恐ろしい外反母趾の詳細を理解し、これ以上症状が広がらないように注意して下さい。

Read More

原因

外反母趾には様々な原因があります。いくら治療をしていたとしても、根本的な原因が解決しないのなら治療をしても再発を繰り返すことになり意味がありません。何度も同じ治療をする前に原因を理解して下さい。

Read More

筋力低下

外反母趾の原因は現代人の生活環境が関係しているといわれています。交通機関が発達したことによって人間は運動量が極端に低下しています。その影響が外反母趾の増加に繋がっているのです。治療は早めに行って下さい。

Read More

骨格変化

腰が痛いと何をしていても楽しくありません。PLDDの腰痛治療が出来る病院をこちらでチェックしましょう。

腰痛や関節痛に苦しんでいる方に最適な治療をしてくれます。神戸の整形外科では親身になって対応してくれるドクターが治療してくれますよ。

最近日本では外反母趾にかかっている人が増えています。子供の頃からかかっている人もいれば、大人になってから発症する人もおり様々です。外反母趾は足の骨が変形する病気であり、親指からじわじわと左右に広がり骨ごと曲がってしまうようになります。
軽い外反母趾であればそれほどに気にする症状が出ないことも多いのですが、悪化してしまえば小指を巻き込んで他の指が内側に入ってしまう、歩くたびに激痛を感じるようになることもあります。そのまま放置していても外反母趾は悪化してしまうことがありますから、早急に治療する必要があるのです。
外反母趾は人間が靴をはくようになってから現れ始めた病気です。ハイヒールが原因という人もおりますが男性の中にも外反母趾にかかっている人は大勢いるためにそれだけが原因ではないのです。また、ハイヒールを履くことがそうないような小学生でも外反母趾にかかっている男女がいますから、靴以外の要因も大きく関係しています。
この外反母趾という症状が現れ始めたのは、地面が土からコンクリートに変わったことが原因であるともいわれています。コンクリートの上を歩くと人間の足裏や骨には大きな負担がかかります。それを上手にカバーできないままでいた結果、衝撃で骨が変形して外反母趾にかかるといわれているのです。
外反母趾の問題は本人の骨の弱さや骨格の歪みなども関係しています。体のどこかがゆがんでいると全身に影響がでて年月をかけてじわじわと変形してしまいます。ですから、小学生のうちに骨格検査などがあるのはこれらの可能性を少しでも小さくする為だといわれています。
昔は外反母趾の治療は非常に難しく苦痛を伴うものでした。しかし、今の治療技術を利用すれば簡単で痛みもなく治療を進められるようになっていますから、そう苦労するようなことはありません。
明日の治療であるためにダウンタイム中は少々外出や仕事に支障が出る場合がありますが、しっかり治療すれば何度も入退院を繰り返すようなことはありません。

切らない治療

外反母趾の治療には様々な方法があります。切開して行うものが確実ではありますが、やはり治療するのなら切らずに治せる方が良いと希望する人が多いです。切らない治療について解説していきます。

Read More

切る治療

重度の外反母趾を治療する場合には切開を必要とする治療が確実です。足の治療ですから手術前後は生活や仕事に支障をきたすことにもなりますが、治療をすれば足の変形に悩まされることはなくなります。

Read More